se未経験歓迎の転職先の選び方

今就いている仕事が自分に合わず、あるいは、周囲との人間関係がうまくいっていないため、別の仕事を探してみようとお考えの方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。その候補として、システムエンジニアseを考えている方もいらっしゃると思います。しかし、ITに関して、勉強をしたこともなければ、資格を持っているわけでもない、そういった方にとっては、IT業界への就くことそのものが不安要素の一つなってもおかしくはありません。転職をするなら、やはり長く働けるよう、ご自身のキャリアを高められる業種にしたいと思うのは当然のことです。今回は、上記のような不安をお持ちの方々へ向けて、未経験者からのIT業界転職、特にシステムエンジニアseについて、ご紹介していきます。

未経験者からseになれる可能性について

未経験者の場合で、システムエンジニアとなれる可能性について、まずはご説明いたします。システムエンジニアとして仕事をされている方は、男女問わず、また文系や理系といった区別もなく、働かれています。一方で、全くの無知識からシステムエンジニアを目指す場合、年齢がネックとなってくる場合が非常に多いです。具体的には、20代前半での転職であれば、未経験からでも積極的に採用を行っている企業は多いです。他方で、30代をこえてからの転職の場合は、なかなか難しいと言わざるを得ません。これには、理由があり、システムエンジニアの業務内容は多忙を極めます。その業務を行うことが出来るかどうかという体力的な問題として、年連の問題があがってくるのです。しかし、中には、年齢についても非常に寛容的に積極的な採用をしている企業も存在します。

システムエンジニアとなるために必要なこと

上記で触れたような、年齢の問題を抱えており、システムエンジニアになることが難しいと感じてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、seとなるためにできることがあります。具体的には、ITに関する本を読むなどして、プログラミングについての知識を得る、あるいはIT系の資格を取得する。実際の業務経験がないのであれば、ご自身の持つスキルで勝負をしていくということです。IT系の資格は、難しいものばかりなのではないかと不安に思われる方も多いと思いますが、通常の書店に売られている書籍を読み、試験の過去問を解くなど、一般的な資格試験に対する対策を行うことで取得可能です。これから、システムエンジニアを目指そうとするのであれば、そういったものに目を通してみるのも、良いのではないでしょうか。