未経験者がse転職で役立つスキル

SE転職にはSEから他の業種へ移る場合と、SEになる場合があります。未経験な人にとって知るべきことは、それぞれの場合に求められるスキル、向いている資質について把握しておくことです。IT業界はゼネコンと同じようにピラミッド構造をしている事はよく知られています。ピラミッド構造のトップには大手ベンダーなどが存在しており、大きな顧客を独占し、仕事を子会社に流しています。子会社では更に孫会社に仕事を降ろします。丸投げするケースも皆無ではありません。こうしてどんどん下部組織に仕事が降ろされて行き、ピラミッド構造の底辺では、自分がシステム上でなんの役割を果たしているのかわからぬまま、コーディングやテストを繰り返しています。IT業界に入る場合も出る場合も、この要因は無視できない問題です。

se業界に転職したい人が考えるべきこと

SEを目指すならピラミッド構造の出来る限り上を目指すのが重要です。未経験者にとって大切なのは、seに向いている人の資質を知る事です。IT業界全般にいえますが、コミュニケーション能力は非常に重要なスキルです。IT業界での仕事は殆どの場合、プロジェクトチームを組んで進められます。チーム内でのコミュニケーションが円滑に進まないと、重要なトラブルの原因になりかねません。特にseは顧客との折衝が大きな業務の1つになるので、顕在化している顧客のニーズを適切に把握するとともに、潜在的なニーズを引き出していかねばなりません。またIT業界は変化のスピードが非常に速く、常に最新情報を吸収している必要があり、場合によっては資格を取るための勉強をしたり、新しいスキルを身に付けることが求められ、これがずっと続きます。

seから転職する人が考えるべきこと

SEが他業界に移る場合に一番に考えるのが、似た職種でありながら現在非常に活況を呈しているweb業界です。しかしweb業界は狭き門であり、実際にSEから移った人の割合は決して高くありません。web業界では良かれ悪しかれ即戦力が求められるため、ピラミッド構造の底辺で限られたスキルしか身についていないSEで勉強していない人では、非常に難しくなるでしょう。未経験の人がやっておくべきことは、独学でもよいので言語の1つでも習得し、ポートフォリオを作っておくことです。ポートフォリオは、ツールなどを利用して作っても意味がなく、1から作り上げる必要があるでしょう。自分自身に身に付いたスキルがあれば、転職を有利に進めることができるのです。またIT業界以外に移る場合にも、SEを経験して培ったはずのコミュニケーション能力はきっと役立つはずです。